留日博士総会

The Official Website of Chinese Ph.D Association in Japan

メインイメージ

留日博士総会第3期理事会が成立


 平成29年6月5日~6月30日の間に、留日博士総会第3期の理事会選挙及び理事会の役員が行われ、無事に終了しました。
 選挙の結果、今期は16名の理事及び2名の監事が当選され、第3期理事会・監事会が成立しました。役員選挙では、章志華博士が会長に、朱寧博士、張書明博士、劉恵明博士、李小康博士、郭士傑博士が副会長に選ばれました。そして高紋博士、張小剛博士、飯塚陽子博士、王久存博士、王志朋博士、梁軍博士が常務理事に当選し、王志朋博士が事務局長に選ばれました。また、任期満了に伴い退任される李建平前会長が、本会の成立に尽力された功績を称え、名誉会長に選任されました。
 今回の選挙は事務局が周到な準備を行ったうえ、選挙管理委員が公正な手続きを踏まえて順調に実施しました。管理委員会は張恵娟博士、杜剛博士、宮本陳敏博士により構成され、直接会員からの公募により選出しました。一筆加えたいことは、今回の選挙では若手会員が積極的に立候補し、協会に貢献したい情熱が感じられ、本会のますますの発展に寄与したいと思います。
 最後に、留日博士総会が魅力ある協会と感じていただくために、新理事会が一丸となって本会の活性化に取り組む努力をしますが、会員各位においても関連活動への積極的なご参加をお願いし、関係の方々も引き続き御支持・ご協力いただくようお願いいたします。

第3期理事会・監事会の構成はこちらをご参照ください。

留日博士総会 事務局
平成29年7月10日