留日博士総会

The Official Website of Chinese Ph.D Association in Japan

メインイメージ

蘇州市高新区と本会の交流会

 

 蘇州市高新区科学技術局李局長を団長とする蘇州市高新区代表団は、2017年5月5日午後に日本を訪問し、日本徽商協会何軍副会長のご紹介を得て、東京で留日博士総会と交流会を行いました。

 そこでは、まず、本会の会長李建平博士は、本会の本会を代表して李局長一行の来訪を歓迎する意を表した上で、本会の組織や会員数など本会の概況を紹介し、また本会の特色として医薬博士が多いことを強調しました。次に、李局長は、蘇州市高新区の投資環境や現在にその高新区における外資企業数や最先端の技術者数などの事情、およびそこには全国の国家級高新区の中では最大規模の医療機械産業パークが設置されていることを述べてから、今後、留日博士総会の医薬面での交流関係を結び、本会から医薬分野の協力を望むことを伝えました。それについて、李会長は、蘇州市高新区の歴史が全国で長い方で、運営するレベルも高いことを評価して、これから適切な時期に医薬分野の留日博士を引率し、蘇州市高新区に訪問する意を表明しました。

 本会の副会長張書明博士は、その交流会を司会し、主要な出席者を紹介しました。今回の交流会に、東京の周辺にいる本会の会員の一部および数名の日本企業の経営者が参加しました。

活動公告

Infomation

  • 取り組みについて
バナー