留日博士総会

The Official Website of Chinese Ph.D Association in Japan

メインイメージ

李建平会長が中国駐日大使館を訪問

  2015年7月29日午前、本会李建平会長と本会劉洪友顧問は、中国駐日大使館を訪問し、着任したばかりの王軍総領事と会談しました。そこでは、李会長は、まず本会の成立経緯や組織構造や主要なメンバーなどを紹介した上で、成立から現在までの主要な活動および今年の8月に中国の江蘇省および国務院僑弁の訪問企画を王総領事に報告しました。李会長の紹介に続いて、劉洪友顧問は、本会がほかの華僑団体と異なるところは、日本のみならず、中国の国内にも多くの会員を持ち、また北京市、上海市、江蘇省で分会を設置したことを補足しました。
  王総領事は、本会の活動を高く評価し、また、他の華僑団体の経験を踏まえて、華僑団体をうまく運営・発展させるために、まじめに会則の制定、特に選挙細則の制定が重要であることを強調しました。王総領事の会見に、大使館の王樹凡領事も出席しました。

 
向かって右からは王軍総領事、全日本華僑華人連合会劉洪友副会長、李建平会長です。